新着情報

TOP > 新着情報TOP > 新着情報詳細


2017-08-09
ベトナム人技能実習生受け入れ準備のための活動




さる8月2から6日まで、蘭越厚生事業団から高齢者グループホームらんこしの副施設長と私、他の法人から8名と計10名でベトナムへ行き、現地の専門学生との交流などに行ってきました。
背景には日本の労働人口の減少からくる労働力の確保を目的とし、現地の医療・介護専門学校で学んだ卒業生を日本に迎え入れ、ある一定の期間日本語などを勉強していただき、それから介護事業所で技能実習生として働いてもらうという制度が動き出す予定であるからです。現地の専門学校2校と老人介護施設を訪問させて頂きました。専門学校の生徒達は、ぜひ日本で働きたいという勤労意欲が高く、特にご両親に恩返しをしたいという思いが強いようです。また、現地では専門学校を卒業しても就労先が少ないという現状があるようで、日本で働くために日本語を一生懸命勉強しており、私たちに対して日本語で挨拶してくれました。
最近では若い職員をいかに育てるかが事業所として求められるところであり、将来外国の労働者を受け入れる場合には、より一層の配慮が求められ、そこが解決されなければ難しい面もあります。将来を見据え覚悟をもって取り組んでいく必要があると感じております。